かねしめ水産株式会社

2019.06.18 卸売という仕事

卸売(問屋)は、産地(メーカー)と小売(店舗)を結ぶ架け橋です。消費者が幾千の商品がある中で、それを手に入れることはかつては不可能でした。

他の人が獲った魚を分けてもらったり、野菜や果物を分けてもらったりは出来たでしょう。しかし、今必要なものを近くのお店においてある事は、タイミングの問題があるわけです。

問屋が無ければ機能しない小売店がほとんどです。商品毎にメーカーや生産者にタイムリーに発注しなければならないし、メーカーや生産者も手間やコストが膨大に掛かります。現実的に問屋が無ければ、流通は滞ります。

私たち「かねしめ水産」は、生鮮魚介類、冷凍魚、日配品などを取り扱う問屋です。

毎日、全国各地から新鮮な魚が入荷します。地域の小 売店(魚屋さん、スーパーさん)、外食(料理屋さん、お寿司屋さんなど)が仕入れに来ていただきます。

各地の水揚げ状況、相場、季節やトレンド、ご注文に応じて各担当者は産地やメーカーに発注します。

注文の確定しているものだけでなく、見込みで仕入をすることも多いのです。

また、特に鮮魚は特に定価がなく、お客様と話し合って数量と価格を決めます(相対販売)

このあたりの相場感、度胸が試されるところは担当者としての一番の醍醐味と言えます。

 

市場の朝はとても早いです。お客様が来場するのが5時くらいから。その前に入荷品の仕分け、注文の準備などをしておかなければなりません。でも夜明けとともに綺麗な朝焼けが見えたり、朝の清々しい空気の中で動けるのはとても気分が良いものです。

 

販売された商品は、お客様の車に積み込んだり、トラックで店舗まで配送されます。配送は、方面別に分けられ、冷蔵車にて運びます。

米沢市だけでなく、山形市、天童市、寒河江市や福島市、喜多方市、会津若松市などにも運ばれます。

ドライバーも我が社の社員です。ただ今検品中。60代~70代前半の元気でダンディーなオジサマたち。暖かそうに見えますが、この時間帯はまだ寒い!でもワカモノに負けず半袖で仕事してます!

 

新鮮なお魚を開店前まで無事に届けるため、みんな頑張ってます。真剣で笑顔があるいい仲間たちです!

 

これからも新鮮で美味しいお魚を届けるよう、力合わせて頑張ります!

これからもよろしくお願いします!(斎藤隆夫)